日本が誇るアニメを作るには

日本が誇るアニメを作るには

日本が世界に誇るサブカルチャーの一つが、動くイラスト、アニメーションです。

独特とも言える雰囲気や技術を持つアニメの人気は国内だけでなく、海外にも輸出されて高い評価を受けています。

そんなアニメを作る仕事は、特殊な仕事とはいえ、人気の高い仕事です。

アニメを作る人、アニメーターになるには、独特の技術を学ぶ必要があり、ほとんどが企業に就職する前に身につけておかなければならないものが多く、その専門的な技術を学ぶことが出来る学校があります。

アニメは、基本となる人物のイラストを描くだけでなく、その人物を滑らかに動かし、構図や色彩、背景などを駆使して魅力的なものを作る必要があります。

他にもアニメを企画、絵コンテなどを使って効果的な演出することや、最新のデジタル技術を使ってのアニメ作成などを求められます。

芸術系の大学よりも最新技術を学ぶことが出来る専門学校の方が、使えるデジタルツールや技術の多様さから、幅広い企業への就職や業界でも即戦力として働くことが出来ます。

基本のアニメーターの技術を学ぶには

アニメの専門学校は、学校によって2年制から4年制と幅広く、得たい技術や目指す職種によっても変わってきます。

アニメを作るための基本的な職業であるアニメーターになりたい場合は、2年制から3年制のものが基本になってきます。

アニメは絵を動かすのですから、まず絵が描ける必要があります。

そのため、物の形を正確にとらえて鉛筆を使って濃淡のある絵にするデッサン、動く人物や動物、景色などを素早くいくつもの絵を描くクロッキーなど基本的な技術を最初に学ぶことになります。

また、アニメーションというものは、パラパラ漫画と同じ原理で作られています。

東京のアニメが学べる専門学校

絵を少しずつ動かしながら何枚も描いて、それを高速で順番に見ることによって絵が動いているように見せるものです。

そのため、画家のように一つの絵画を描くのではなく、またマンガ家よりも同じイラストを何枚も描き、さらには無理なく動いているように見せる技術が必要になってきます。

アニメの華々しさとは違い、地味な作業が最も学ぶべきものに位置付けられています。

Comments are closed.